業界・株式銘柄はバラバラに買うポートフォリオ式で。

好きな株式銘柄や会社の株を買うのは投資スタイルの王道ですが、それだけでは全滅の恐れがあります。

ポートフォリオ感覚を身につけておきましょう。

■好きな株を買うだけではポートフォリオにならない。

入門1年生は、自分の好きな会社の株や同じ業界の株を大量に買ってしまう傾向があります。

それで手元の軍資金をすべて使い果たしてしまったという人たちです。

しかしこのような投資の仕方は間違っています。

まず同系列の株、関連銘柄、関連する業界の株からは離れてください。

マンガやアニキャラの株を買ったら、別の株は建築・土木に投資するなどのポートフォリオ式を徹底しましょう。

■関連株や業界株は一朝有事で全滅する可能性が。

何か事故や不祥事があると、関連銘柄や関連業界の株は一斉に売りに出て、急落します。

このとき、あわてて自分も売りに出てしまうのが入門1年生の悪いところです。

そのような憂き目にあったら、売らずにじっと我慢しましょう。

塩漬けになっても仕方ありません。

チャートを見て、今後の教訓として勉強しておくしかありません。

株価は時期がくれば必ずもとに戻ります。

■バラバラ、別々の株銘柄や業界株を買って、安全を確保するのがポートフォリオ。

どこかで損をしてもどこかで得をできます。

一点買いで入門1年生のうちからバクチのような株の買い方をしていては、何の勉強にもなりません。

小口投資をして業界を分けて投資することで、個々のチャートの値動き・業界の動きを勉強できます。

「安全+利益+勉強」を心がけて、マイナスのない株投資生活を送りましょう。

※何かと話題のあの会社の株価は?やむ気配がない前澤友作氏の炎上騒動 株価下落も計算ずくか – ライブドアニュース